読書中に寝てしまった女性のイメージ画像
〈「睡眠」は大切です〉

「肌の再生」は後でまとめてできるの?

肌の悩みを抱えている方に1日の睡眠時間をたずねると、「平均すると6時間以下だと思います」という答えが返ってくることが多いです。

そして、質問のあとに肌をチェックさせてもらうと、「美しい肌を維持するには毎日6時間以上の睡眠が必要」であり、睡眠時間が6時間に満たない日が続くと「肌荒れが目立つようになる」ということが分かりました。

この記事では、「睡眠が肌に与える影響」について解説します。「肌荒れの原因がよく分からない方」は、わずかな時間ですのでお付き合いください。

記事の中に「肌荒れ改善のヒント」があるかもしれませんよ^^

 食事・睡眠と肌の関係

食事に気を使われている方は多いです。でも、「睡眠」については深く考えられていない方が多いような気がします。

これは、チョット問題ですね。美しい肌を手に入れたいのであれば、その考えを改めた方がいいかもしれません。

というのも、実は「肌荒れの最大の原因は睡眠不足であること」が判明しているんです。意外かもしれませんが、食事よりも睡眠のほうが「肌に与える影響」が大きいのが実際のところです。

自分の経験に照らして考えてみてください。就寝時間が遅かった日の翌日は、朝から晩まで眠かったり頭が痛かったり、また、眠さからイライラしたり集中できなかったり、体調と気分がとても悪くなりませんか?

それに対して、前日の食事がカップラーメンやファストフードだったとしても、翌日の体調や気分に影響が出るなどということはありませんよね?

このことから分かるように、食事も睡眠も大事なものであることに変わりはないのですが、それを怠ることによってスグに肌と体調に影響がでるのは「睡眠」です。

学生・社会人を問わず、「平日は睡眠時間が少ないから週末(土日)にまとめて寝る」という方は多いですが、「肉体的な疲労」はそれで回復したとしても、「肌」に関しては、そういうわけにはいきません。

なぜかというと、肌は「寝ている間にしか再生しないもの」だからです。

 人間の体のしくみ

私たちが日中に動いているときは、「血液」「脳」に集まっています。なので、「肌」に栄養が流れていきません。

これに対して、眠りにつくと血液が体の全体に流れるため、肌にも栄養がいきわたるようになります。

具体的には、①眠りについたはじめの約3時間以内に「成長ホルモン」が分泌される→②それに伴い「肌の奥」で細胞分裂が起こる、という流れです。

①・②を合わせると、合計で「最低でも6時間程度」はかかります。だから、睡眠時間が6時間より短いと、「肌荒れが目立つようになる」わけです。

ビックリするユウ

そうなんだ〜。

「肌の再生」は、いま説明したように「毎日・寝ている間に」おこなわれているので、「週末(土日)にまとめて寝ることによって、『肌の再生』もまとめること」はできません!

 睡眠時間で気をつけること

約束事のイメージ画像
〈できるだけ守りましょう^^〉

あなたは「PM10:00(22:00)~AM2:00の間は身体にとって重要な時間だから、この時間に起きていてはいけない」というハナシを聞いたことはありませんか?おそらくあるでしょうね^^

でも、実際はどうなんでしょう?なにか根拠があるから耳にするのだろうなと思い、調べてみたところ、どうやらこのハナシの根拠は「サーカディアンリズム」という医学界の学説の1つのようです。

「サーカディアンリズム」という説について簡単に触れると、この説は「人間は、原始時代からの習性によって、日光が目に入ってから約14時間後に眠りにつくための準備が脳の中でおこなわれている」という見解です。

注意しなければならないのは、この説(見解)が「有名」なのは間違いないですが、「絶対的なもの」ではないということ。

そもそも原始時代ならともかく、現代人が毎日PM10:00(22:00)に眠りにつくというのは現実的ではありませんよね?

個人差があるのは当然ですが、おおよそAM0:30をめどに眠りにつくようにすればいいでしょう。

また、眠りにつく時間が日によってバラバラなのも「体内時計が狂ってしまう」ので避けるようにしてください^^

「体内時計」は「成長ホルモン」に影響を与えていますので、眠りにつく時間がバラバラだと「成長ホルモンの分泌」に悪影響を与えてしまいます。

さらに、「成長ホルモン」は眠りについたはじめの約3時間以内に分泌されるため、特にこの時間帯の睡眠が「質の高いものであること」も重要です。

眠りにつく約1時間くらい前から寝室を暗めにすると睡眠が深くなり「質も高くなる」といわれています。特に難しいことではないので、スグにでも生活リズムに取り入れてみてくださいね♪

 さいごに

肌荒れ対策・改善の一環として「質の高い睡眠」を取りたいのなら、寝る直前までパソコンやスマートフォンを見るのは避けたほうがいいでしょう。

また、外の明かりが気になるなら、明かりが入らないように工夫し、「心地よい睡眠」ができる環境で眠ることも大事です。

「美しい肌」を育てたいのであれば、今日から実践してみましょう^^

Suyattoハーブの休息